BLOG

二重断熱煙突と圧迫感。

二重断熱煙突と室内での圧迫感について考える山の家Gです。
最近の傾向として、ストーブの口元から即二重煙突を取付ける事を推奨する薪ストーブ屋さんが増えてきています。
燃焼ガスを冷やさずドラフトを確保するためには理にかなっていますが、意匠的にこれを良しとしないお施主様も多いのが現実です。
直径20cmの煙突がストーブのすぐ上から立ち上ると、かなり圧迫感を感じると言うのです。
特に吹抜け部分を通して全長が7メートルを超える場合は、室内煙突をシングルパイプで仕上げる方がコスト的にも意匠的にもうまく納まる場合があります。
まさに昨日の現場がそうでした。

シングル4M+二重断熱筒3.5M+角トップ
お客様のニーズに出来るだけお答えする山の家Gでした。

NEWS & EVENT

BLOG

INFORMATION

山の家

〒505-0116

岐阜県可児郡御嵩町御嵩 1798

TEL 0574-67-3372

FAX 0574-67-3373

営業時間 10:00〜18:00

火曜日定休

「山の家」アクセス詳細はこちら