BLOG

生物多様性と体内環境

COP10開催中で今日も生物多様性を考える山の家Gです。
ある研究結果によると、人間の体内にも生物多様性が存在します。
人間の体内には約3,000種類の体内細菌が棲みついており、
大腸に1000種類以上、口腔に700種、皮膚に400~500種類などの細菌が、私た
ちが死ぬまで、共に生き続けると言うのです。
人間の健康と寿命は、体内微生物によってコントロールされており、特に腸
内細菌が人間の寿命を決めていると言っても過言ではないそうです。

胃の中のピロリ菌です。
これら多数の生物との共存によって、人間も生かされているのですね。
メタボの体内環境にあらためて思いを巡らす山の家Gでした