BLOG

20110519_2056327

ペレットストーブの開口部確認しました。

今日も現場の山の家Gです。
新築のお客様のペレットストーブの壁開口部を確認して来ました。
当初の指示通り開口して頂きました。

内径150φの塩ビ管の内側に二重排気筒が通ります。
本体は、シモタニ社製コンコードオルコットです。

煙などの近隣への影響を考慮しペレットストーブを選択されたS様、木質バイオマスエネルギーの利用は、時節に合致しタイムリーな選択だったと思います。
再生可能なエネルギーを利用する事で、日本の未来を明るく出来ると確信する山の家Gでした。