BLOG

20120608_2636437

屋根開口部の位置確認。

上棟して間もない新築現場に、開口部分の位置確認に行ってきた山の家Gです。

垂木や母屋などとの兼ね合いは図面では判断しづらい場合もあり、現場での確認作業は必須です。

P1010071.JPG

現場監督さんと位置を確認しました。

板金屋さんとも雨仕舞フラッシングの納まり具合を相談しました。

開口部分が出来次第、先付工事に入ります。

何時でも現場第一主義の山の家Gでした。