BLOG

20120923_2758567

読書感想 ①  聖の青春

年々読書量が減ってきている気がするので、ここらで挽回してせめて月に3冊(本当は5冊と言いたいところだけど目標を達成することに重点をおきました←妥協とも言う)は読もうと決めました。

 
 
とはいえ肩肘張らず、興味のあるもの・勉強になるもの・書店で展開されているもの・amazonの評価が高いもの・図書館で面白そうだなと感じたものなど手当たり次第に読んでいこうかなと。
 
と、せっかくなので読んだ本の感想を防備録的な意味も込めて書いていこうと。
 
 
評価 ☆☆☆☆☆
今年の頭に購入して、買ったその日に読み終わった本。
 
 
話の内容に引き込まれてページをめくる手が止まらなかったです。
 
 
当たり外れでいうのも失礼かもしれませんが、これは「当たり」でした。
 
 
自分の好みやツボもありますが、数十冊に一冊くらいの割合です。
 
 
こういう本に巡り会えると読書は本当に楽しい。
 
誇張でもなんでもなく「将棋」だけに自らの全てをぶつけた氏の生き様。
 
 
読みながら思わず「マジかよ・・・」「すげぇ・・・」と声が出てしまいました。
 
 
文句なしに☆5つでした。