BLOG

20140315_731500

ムネアカハラビロカマキリ。

毎月第3土曜日は、海上の森自然観察会の山の家Gです。

 

大分暖かくなり、テングチョウやヒオドシチョウ、ルリタテハが確認出来ました。

物見山山頂のヒオドシチョウです。

P1100466.JPG
物見山へ登る林道ではムラサキシブの枝に何やら卵鞘が・・・・。

昨年から問題になっている、ムネアカハラビロカマキリの卵鞘です。

このカマキリは、外来種で在来種のハラビロカマキリよりも大きく、攻撃的で繁殖力が強いため駆除対象になっています。

P1100461.JPG

外来種に関しては、昆虫はもちろん鳥類や植物、動物に至る様々な生物に対し、生態系を維持し、固有種を守る観点から問題視されています。

正に、ジャパニーズオンリーの世界観ですネ。

 

サッカーJ1リーグとは違い、日本の生物を守る事を目指す山の家Gでした。