BLOG

地球温暖化とCO2の因果関係

4月も半ば、というのになんとなく寒いなぁ、という印象を受ける今年の春です。某NHKで朝と昼の気温差が20度近くにもなる、という放送を見て、これはこれで異常気象だなぁと感じます。

 今年の2月には山梨県で史上最大級の降雨もあり、なにかしら「歪み」のようなものがあるのかもしれないな、という思いとそもそも自然なんていう畏れ多くもコントロール不可能なモノはもともとそういうモノなのだ、という思いがあります。基本的に自分は後者の考えです。
 温暖化という割には今年の冬はやたら寒かった思いがある一方で、もうすぐ夏がやってきますが当たり前のように40°近くまで上がる日々が続くのを天気予報で見るたびにうんざりします。
 で、実際どうなのか?と「地球温暖化」で検索をかけてみると
 と出てきました。気になるのはしたから2つ目の「嘘」という情報。
 で、ネットで調べられる情報だけで調べてみると、二酸化炭素は地球温暖化の原因とされている温室効果ガスの1つである。
 原因とされている、多分原因だろう、という風に解釈できます。実際世の中科学で証明できないことは多々あります。あくまでも仮定のうえに成り立っていることも多々あるそうですし。なんで火が存在するの?とか自分にはわかりません…
 車の燃費が好いに越したことは無いですし、排気ガスを綺麗にする取り組みも、都市部に自然を増やすのもいいことですしリサイクルもいいことだと思います。無駄を無くすとか、使えるものは使う、などなど。
 CO2と地球温暖化の原因の関連は正直薄いような気がします。なんとなく、ですが。一説には現在寒冷化に進んでいる、という意見すらあります。
 真実はどうなのかはわかりません。行ってしまえば「どちらでもいい」というのが個人的な意見ではあります。
 CO2が原因ではない、となったからと言ってCO2出し放題!というのもおかしな話でしょうし。いまさら車のない社会なんて考えられません。
 ただやっぱり都会の水は不味く感じますし、実家の水は湧水を引いてきているのでとても美味しいです。
 地球温暖化とCO2というのは環境問題ということに分けられると思いますが、そもそも規模が大きすぎて漠然としていてとらえどころが無いし、それに対する取り組みもをしても効果を実感することは難しく思えます。
 …何が言いたいのかわからなくなってきましたが…とにかく問題が大きすぎる場合は出来るだけ細かくして何をするのかを明確にして、コントロール可能なことをしたらいいと思うのです。その為に正しい情報、知識を得るのが必要なのですがそれの正誤の判断が難しい時代だなぁと感じたKでした。

NEWS & EVENT

BLOG

INFORMATION

山の家

〒505-0116

岐阜県可児郡御嵩町御嵩 1798

TEL 0574-67-3372

FAX 0574-67-3373

営業時間 10:00〜18:00

火曜日定休

「山の家」アクセス詳細はこちら