BLOG

20140610_856122

梅雨の海上の森の蝶と蛾・・・・。

火曜日は海上の森の山の家Gです。

 

梅雨の海上の森の蝶と蛾をご紹介します。

海上大正池では、ルリシジミ(シジミチョウ科)が集団で汲水中。

P1140996ルリシジミ.JPG

ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)は珍しく開帳してくれました。

P1150008ウラギンシジミ♂.JPG

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)。後肢裏面の白い紋が一文字に並ぶのが特徴です。

P1140982イチモンジセセリ.JPG

こちらはタテハチョウ科のイチモンジチョウ。白紋が一列に並びます。

P1140708イチモンジチョウ.JPG

ゼフィルスの仲間、ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科)は尾状突起が細長いです。

P1140705ミズイロオナガシジミ.JPG

ウラナミアカシジミ(シジミチョウ科)はこの時期しか見られません。ゼブラ模様が美しい蝶です。

これもゼフィルスです。

P1140702ウラナミアカシジミ.JPG

ここからは蛾です。

ベッコウカギバ(カギバガ科)は透き通った翅がとても魅力的。初見でした。

P1140688ホシベッコウカギバ.JPG

キスジホソマダラはマダラガ科。細長い黄色紋が印象的です。

P1140936キスジホソマダラ(マダラガ科).JPG

黄色と赤のマダラ模様が美しいのは、スジベニコケガ(ヒトリガ科)です。

P1150027スジベニコケガ.JPG

同じくヒトリガ科のカノコガ。昼間に活動します。

お腹の二本の黄色帯が特徴の綺麗な蛾ですネ。

P1140919カノコガ.JPG

こちらは、マドガ(マドガ科)。これも昼に活動します。

P1140712マドガ.JPG

いやーとても紹介しきれません・・・・。

他の鱗翅目やカメムシ、ハムシなどの甲虫類はまたアップしますネ。

 

海上の森は昆虫王国!山の家Gでした。