BLOG

薪ストーブ難民はこうして増えるのです・・・。

薪ストーブ難民はこうして増えて行くのでしょうか・・・・山の家Gです。

先日、ショールームにご来店いただいたお客様のお話を聞いてビックリするやら、呆れはてるはでした。

薪ストーブを設置して間もないというお客様が、ご家族でアクセサリーを見に来られました。
他社さまで設置され、アクセサリーは山の家でと言うお客様は、少なくないのですが、
火入れは、なんと自分で済ませたと言うのです。

ある工務店経由で設置されたのですが、取付けした薪ストーブ屋さんに連絡したところ、忙しいので火入れは自分でして下さいと言われたそうです。

そこで、自己流で火入れを行い、輸入メーカーに電話して取扱い方法など教えてもらったとのお話・・・。

やけに使い方や焚付け方法など、熱心に質問されるナーと思っていましたが、お話をお伺いして納得しました。

薪ストーブは同じモデルでも、煙突の設置方法や高さや建物との兼ね合いなどでそれぞれ微妙に燃焼の仕方が違います。
キチンと火入れの際に、これらを確認して使い方を伝授する事が最低限必要なのです。

このお客様は、案の定ガラスは曇るし、温度が上がらないなど問題が多いみたい・・。

こんな薪ストーブ屋さんがあるとは信じられませんが、これが現実なのです・・・。

輸入メーカーもこのようなお問い合わせに答える前に、設置業者の指導や啓蒙をもっと徹底する必要があると思います。

こうしてまた薪ストーブ難民が増えて行くのでしょうネ。

薪ストーブ難民の撲滅に努力する山の家Gでした。

↓こちらにポチしてくださるとありがたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村