BLOG

薪ストーブ補助金②

薪ストーブ補助金の申請書類の山に埋もれている山の家Gです。
申請の際、今年度から新たに加えられたのが、

『ライフサイクル温室効果ガス削減率が50%以上のものであること』
という要件です。
なんのこっちゃ・・・・??
環境省のお役人に尋ねたところ、
『遠隔地で発生した木質燃料を使用することで、かえって発生する温室効果ガスが増大していまうことを防ぐための要件です。』
ん・・・・・??
すなわち、とんでもなく遠い所から、燃料をバカスカ食うトラックなどで
エッサラえっさら運んできた木材を薪にして、またまた遠い場所のお客様へ
薪を運んで大量のエネルギーを消費した量①と、薪を燃やして得られる総エ
ネルギー量②の割合が50%以下になる事・・・?らしいです。
温室効果ガス発生量=①÷②×100<50%
この厄介な計算を申請者ごとに算出し添付しなくてはなりません。悲しい冷や汗
締切り日がもうすぐで焦りまくっている山の家Gでした。