BLOG

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋真っ盛りの海上の森(昆虫編その1)

秋真っ盛りの海上の森の虫達ご紹介の山の家Gです。

今回は10月上旬に撮り貯めた写真の中からご紹介します。

セミの声がほとんど聞こえなくなり、変わってキリギリスやバッタの仲間が増えてきます。

市街地で席巻しているアオマツムシの♀を見つけました。こちらは鳴きません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クサヒバリは綺麗な声で鳴く虫です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サテライトの草むらではマダラスズが沢山見られました。後肢にまだら模様があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはオンブバッタのペア。上が♂で下の大きい方が♀です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツチイナゴは成虫で越冬するケナゲ?な虫です。

目の下の涙模様が特徴です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月に入ったというのにキブシの葉にいたのはウスモンオトシブミ♀。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな秋までいるとはビックリしました。

キブシの葉の揺籃です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年初見の大型イモムシ、シモフリスズメの幼虫です。

クサギの葉で見つけました。蛹になって越冬します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エノキの葉には、元気なオオムラサキの幼虫を確認。

これは幼虫のまま、木の下の落ち葉で越冬します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョウの仲間での越冬組、ルリタテハも姿を現しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アキアカネがやっと山から下りてきました。

こちらは♂です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして♀。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

違いが解りますか?

最後はコノシメトンボの♂です。

顔まで真っ赤になるアカトンボらしい?トンボですネ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやー紹介しきれません・・・。

秋真っ盛りの海上の森は本当に虫たちの楽園ですが、それぞれ冬に備えて必死で生きている姿にいつも感動の山の家Gでした。


にほんブログ村