NEWS & EVENT

松ですが薪を差し上げます。

多治見市在住の加藤様から松ですが薪を貰って欲しいとお声かけいただきました。

関心のある方は加藤様へ直接メッセージを送ってください。

以下、加藤様からのメールの原文になります。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇広報内容◇◇◇◇◇◇◇◇◇

お世話になっている山の家の薪ストーブユーザーさんに、古家の解体古材を提供します!
自宅建替え時に新居の薪ストーブでの薪確保のために梁や鴨居、柱などの古材を解体時に
取り分けておき、薪サイズにしたものが大量にあります。ただし樹種は松系です。
昭和4年築の古家ですから乾燥は問題なし、変な化学物質の不着もなし。

樹種・保管 : 松系(赤松、唐松など詳細不明)
倉庫で屋内保管しています。

譲渡対象者 : 山の家で薪ストーブ購入の方 かつ
住宅密集地でなく、多少のスス飛散は問題としない方

譲 渡 条 件 : 多治見市まで取りに来ていただける方
代金はいただきません。

詳細はメールで打合せ後、双方の都合の良いときに取りに来ていただきます。

下記アドレスに直接ご連絡ください。(山の家さんは直接関与しませんので)

連 絡 先 : 加藤和彦

caccyo36313@yahoo.co.jp

以下、古材提供に至る経緯(関心ある方以外はスルーしてください)

************************************
取り分けた古材を掃除しクギ等は取り除き薪サイズに割って大量にストックしました。
ざっと5トン程度はあります。これで2シーズン分の薪は確保出来たと喜んでいましたが、
いざ新居が完成し待望の薪ストーブライフを始めて、大きな問題に突き当たりました!!
一般的に薪には広葉樹が最適で針葉樹は火力は強いが火持ちの点で劣ると云われています。
ただ調達コストゼロの建築古材なら火持ちが悪くてもいいやとタカをくくっていましたが、
その大半が松の古材であったためにススが出たのです!!!!
火入れして使い始めて1ヶ月のある日、犬走りのコンクリートに黒いシミを発見!!?
すぐに屋根に上って煙突周りを見ると黒いシミが点々と屋根一面に拡がって!!!!
隣家にもきっと飛んでいるはずと慌てて謝りに行き、一時ストーブ使用停止状態に!、、、
隣家の方は「多少のことはいいよ!」と言われたものの、物干しがわが家に隣接して
いては、そのままにはしておけず、、、

その後は「山の家」祖山さん谷本さんに状況を見ていただいて、
広葉樹の薪に切り替えて急場を凌ぎました。。。
その後はだましだまし古材も交えながら昨シーズンを終えました。
シーズン後に煙突掃除をしてもらうとやはり取れたススは多めでした。

その後はあちこちに声をかけて原木を集めたり、チェーンソー持参で伐採に出掛けたり、

薪材集めの一年でした。

ただ今シーズンも少しずつ松材も混ぜて燃やしながら様子を見ることにしてきましたが、

やはりヤニの多い松を燃やすとススは避けられないことが分かり、決心しました。

手間暇かけて薪サイズにした古材ながら、焚き付け時に細かい薪にして燃やす以外には

使えないと判断したため、「山の家」のユーザーさんに無償提供させてもらうことに

したというものです。

松材は薪ストーブ用にお奨めの薪材とは云えないかも!?ですが、陶芸の穴窯などの燃料

としては火力が強いから!!陶芸家には好まれるという話も聞いたことがあります。

特に陶芸家を知っているわけでもないので使っていただける方があればと紹介いたします。

(詳細事情ここまで)

*************************************