フィンランドサウナとは

一般的なサウナは高温低湿度

国内のスポーツジムや温泉施設などでおなじみのサウナ。最近はサウナ愛好家の「サウナー」をはじめ、美容や健康に関心の高い女性にも人気です。こうした施設に備え付けられているのは、一般的に「ドライサウナ」と言われています。
ドライサウナは室温を80~90℃前後の高温を保ち、湿度は極めて低い状態で発汗を促すスタイル。“オーブンの中に座っているような感じ”とも例えられ、この暑さを苦手とする方も多いのではないでしょうか。

蒸気を楽しむフィンランドサウナ

これに対して、フィンランドサウナの室温は心地のいい温熱効果を感じる60〜80℃くらい。湿度は高めで、肌あたりも柔らかな感じです。ドライサウナとの大きな違いは、「ロウリュ」ができること。「ロウリュ」とは、熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることで、この水蒸気で体感温度を上げて発汗作用を促します。
このように、温度が比較的低く、湿度が高いため、ドライサウナが苦手な方でも楽しめるサウナとなっています。

商品ラインアップはこちら