サウナの入り方

おすすめの入り方

フィンランドサウナの温熱効果を高めるための、おすすめの手順をご紹介します。

1.シャワーやお風呂で軽く汚れを落として、前もって体を温めておく

2.しっかり体を拭き、サウナのベンチの下段に座ってスタート

3.慣れてきたら、徐々に上段へ座る

4.額に汗をかいたら、一度サウナから出る
80℃で10分以内が目安ですが、湿度によっても変わるので、額に汗をかいて流れるほどになる前に、一度サウナから出ます。ポイントは我慢しないことです。

5. 水風呂や、外気浴をしてクールダウン
水風呂は、冷たいと感じる30℃程度のぬるま湯で十分です。シャワーでも代用できます。もっと冷たい水風呂が好きな方は、かけ水を手足から開始して少しずつ水に体を慣らしてから入ってください。水風呂が苦手な人は、サウナ室の外に出て椅子などで休む外気浴をおすすめします。

この1~5の手順を2~3回繰り返しましょう。慣れるまでは、体調に合わせて1回で終了しても構いません。

お風呂と併用する方法

サウナは、入り方によっては、血圧などに悪影響を及ぼすこともあるといいます。 サウナ室に直行しないで、お風呂に浸かって2~3分、体を温めてからのほうが、血圧の急上昇を防ぎ、安全にサウナに入ることができます。浸かる風呂は40℃までのぬるま湯にします。
またサウナから上がった後、38~40℃のぬるめのお風呂に2~3分浸かるのは、汗をかいた体や血流を整えるすることもあり、おすすめです。
少し休んでから再びサウナに入るのは構いませんが、数多く入ると疲れてしまうので、1回の入浴でサウナに入るのは2~3回くらいまでにしておきましょう

水分補給を忘れずに

サウナに入る前と出た後は、水分補給が大切です。 1回のサウナ入浴によって出る汗は約500mL。発汗で失った水分とミネラルをしっかりと補うことが重要です。
おすすめは、水、麦茶など、ノンカフェイン、無糖の飲料です。サウナの前後と休憩時に、コップ1杯を目安に水分を補給しましょう。

サウナで注意したいこと

フィンランドサウナを安全に楽しむために、下記のような点に注意してください。

商品ラインアップはこちら